読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかんの漫画棚

子供の頃から漫画が大好きで、漫画を読んで育ったと言っても過言ではないです。最近は、電子コミックにはまってます。

美しくも哀しい「ベルサイユのばら」にはまった初学生の思い出

私が、マリー・アントワネットを知ったのは「ベルサイユのばら」でした。

ベルサイユのバラ【電子書籍 eBookJapan】

ベルサイユのバラ【電子書籍 eBookJapan】

 

まだ小学生だった私にとって、「ベルサイユのばら」の世界は憧れでした~♪

マリー・アントワネットみたいに綺麗なドレスを着て、立派なお城で暮らしてみたかった!

 

アニメにもなりましたよね!

私は、漫画からアニメになるのは否定的な人間ですが、「ベルサイユのばら」だけは好きでしたね~

オスカル、アンドレ、マリーアントワネット、フェルゼン、どれも声のイメージも合っていました(私にとってはね)。

 

ベルサイユのばら」で印象的?だったのが、アンドレって最初は本当に脇役だったんですよ・・・ギャグっぽいっていうか?

でも、だんだんとカッコよくなっていきましたね~

正直、最初のアンドレと終わり頃のアンドレは「別人?」って言いたくなるくらい絵のタッチが違いますよ~(^^

 

私は、アンドレが一番好きだったんですが、オスカルの為に目を怪我して、やがて失明して、オスカルを守って死んでいく姿は、「姫を守るナイト」であり、「愛する女性を守る一人の男性」で本当に素敵でした!!

漫画読みながらボロボロ泣きました(涙

 

アンドレを失った後のオスカルも、哀しくて読み進めるのが辛かったです。

小学生ながら、初めて漫画の世界にどっぷりを浸かりましたね~♪

 

私は、マリリー・アントワネットの実家でもあるオーストラリアのシェーンブルーン宮殿にも、パリのベルサイユ宮殿にも行っったことあります。

ベルサイユのばら」を読んでいくと、より楽しめると思いますよ~

 

シェーンブルーン宮殿には、マリー・アントワネットの子供の頃の肖像画が何枚かありました。

母親が、いかに権力のあった人で、国民からも本当に愛された女王だったこともわかります。

 

ベルサイユ宮殿は、「ベルサイユのばら」の世界そのものでした!!

鏡の間も、マリー・アントワネットの寝室も、漫画の中で見てたそのもの・・・

これには、正直びっくりしました。

本当に、正確に描かれていたんですね~

 

「ベルサイユのバラ」で、オスカルが一度だけドレスを着るシーンがあるんですよね!

あのシーン好きです。

怪盗を捕らえるためでもあるけど、一度だけ初恋のフェルゼンとダンスをしたかった・・・マリー・アントワネットを愛するフェルゼン、オスカルの気持ちを複雑な思いでみるアンドレ・・・

悲しい恋のシーンも、ちょっと大人な感じで読んでました。